• 2017_6

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月15日 (水)

舛添要一都知事の辞任について思う事・・・

 今日の昼、仕事の中休みの食事中、テレビで「舛添要一都知事が、不信任決議を受諾する形で辞職を決意した。」との報道がなされた。

 彼の都知事職の辞任は公費を私物化する形で、ホテルへ宿泊したり、美術品や私服を購入したり、公用車を使って仕事以外に使っていたのだから辞任や罷免は当然だと思っている。
 
 今年に入ってから、相次ぐスキャンダルが発覚し、連日の様にマスコミで報道され続けており、都知事として公式訪問や外遊をした時には「ファーストクラスに乗車し、最高級ホテルのスイートルームに宿泊した。だから彼は都民の税金を使ってまで、贅沢三昧をしているのだから許せないangry。」との批判が著しかった。
 
 彼は2014年の猪瀬前都知事の金銭スキャンダルにおける辞任による都知事選挙で、反原発保守派の細川護熙氏(小泉純一郎氏からの支持を受ける)、極右の田母神俊雄氏、リベラル左翼の宇都宮健児氏(社民党と共産党川の支持を受ける)の一騎打ちであった。結局は、田母神俊雄氏が比較的高い得票率を集めたものの、反原発支持者層の分裂と自民公明両党の支持と知名度の高さによって当選し、都知事として就任。当初は「今までの古い政治のルーチンに従って行く事しか出来ないのでは?。ま、誰が都知事になっても同じだし変わらない。しかし、彼は福祉と介護に力を入れてくれるのだからいいだろう。」と思っていた。

 しかし、蓋を開けてみると、今までの自民公明両党の支持層だけではなく、民主党(現、民進党)や共産党の各政党の支持者からも高い評価と支持を得られている事に驚いた。何故なら彼の政治内容が、単に医療や福祉に力を入れているだけではなく、石原猪瀬亮都知事時代には皆無だった、中国と韓国、ロシアの三国の都市(北京・ソウル・モスクワ)との都市外交による交流が本格的に再開してそちらへの訪問が行われた点、特に中韓両国との友好交流関係を確りと復活させた点、カジノの誘致に反対していた点、ヘイトスピーチ対策に熱心であった点、原発設置や再開に反対していた点であったからだろう。
 
 当初は「かつての石原都政や現在の安倍政治による外交や医療福祉教育の問題点や歪みを補正補充してくれているし、かつて自民党にいて執行部を批判した余りから追い出されただけに、自民党の良さと悪さを知り尽くしている。頭も良くてしかも叩き上げ。だから、安心できる。況してや2020年の東京オリンピックの安定した開催に頑張ってくれるのだsmile。長期政権になるのは間違い無かろう。」との期待感で一杯だったし、オリンピックの開催準備の際、政府との激しいトラブルをも交えながらの駆け引きを行っている姿を見ても、ついつい舛添氏を応援したくなった程でもあった。

 また彼は、憲法改正と集団的自衛権容認を唱えており、自民党の在籍時代には新憲法草案の取り纏めを行っていた程の改憲論者でもある。しかし、世襲や伝統的保守(反中・反南北朝鮮でかつ親米)の多い自民党議員の中でも、叩き上げでかつ中韓両国にも配慮したいたため、かなり希少な存在。正直、民主党(現在の民進党)の改憲派に近いイデオロギーの持ち主でもあったため「自民党の改憲案は、非常に復古調である。」と、安倍晋三現首相を痛烈に批判した。自由民主主義の老舗国家であるフランスへの留学経歴もあり、そちらの政治感覚を確りと学んだ事から、自民党に在籍していたとは言え、どうも肌が合わなかったのだろう。だから、国会議員時代に自民党を離党して「新党改革」を立ち上げたのだ。

 しかし、舛添氏の性格や政策志向により、上記の様な金銭スキャンダル以外にも大きな問題が勃発してしまった。
 それが、新宿区の旧都立高校跡地への韓国人学校建設の問題である。建設決定当時は、東京都は待機児童が非常に多いだけではなく、保育所は勿論の事、保育士の人員や賃金が不足しており労働環境も劣悪であった。そのため、多くの都民や国民が「保育士や保育所の増設や賃金と労働環境を改善せよ!。待機児童問題を早急に解決せよ!。」との世論が強く、「学童落ちた、ニッポン死ね!」との書きこみが大問題になってしまった程でもあった。そんな中にも拘らず、彼は「その時その場の我が国日本の深刻な国内問題」よりも「日韓両国関係の友好親善。そして、外国人に対する人権尊重と我が日本の人権意識の国際的評価の向上。」の方を選択する形で、韓国人学校の建設を決定したのだ。
 
 それ以降、舛添都知事の金銭スキャンダルに対する批判報道が高まり、同時に「自分自身は潔白だ!。」と言う形での彼が自分自身の疑惑に反発する言動も連日連夜の様に報道され続ける様になってしまった。その間、待機児童問題やアベノミクスの成果、パナマ文書、憲法改正、オリンピック不正問題、甘利前経済産業大臣のスキャンダル、自民党議員による様々な問題発言等の報道が遠くに霞んでしまった程の状況であった。
 舛添都知事は叩き上げでかつ穏健保守リベラル派で、頭の回転が速くて倹約家でもあるために「何で、俺ばっかり叩かれなければあかんのだろう。私以外にもそれ以上に悪いことを行った人が数多といるのにも拘らず・・・。俺は、アベ政治の弱点や石原都政の問題を解決しようと頑張っているのに・・・。」との思いで世間に反発し、「俺は都政を続ける!」との言動も放ったのだと、私にはそう映ってしまう。私個人としては「この様な言い訳や遠吠えをしても無駄だ。さっさと都知事を辞めてしまえ!。」と思いつづけていた。

 舛添都知事辞職までのマスコミの報道などを見ていると、右翼や保守側からは「日本人よりも韓国人や中国人を大事にした非国民。どうにもならん奴だ!」「韓国からの帰化人。韓国利権の元凶。だから、韓国へ行ってしまえ!」と、左翼やリベラル派側からは「舛添は、自民党から擁護されているので、調子に乗りまくっている。」「舛添は悪いに決まっている。石原慎太郎元都知事は彼以上に、東京都の税金を使って贅沢三昧しているのになぜマスコミや議会で問題提起されないの!。それはおかしい。」、「舛添要一を責めるのであれば、スキャンダルを起こしたのにも拘らず国政の場に復活しようとする甘利氏やアベノミクスの失敗問題、TPP、オリンピック不正問題、パナマ文書問題、憲法改正問題、自民党議員の各種スキャンダルをなぜ厳しくマスコミが報道しないの。それっておかしいんじゃないかい!。」との形で、お互いに水をぶっかけ合うと言う批判非難合戦に終始しているとしか見えない。
 海外からは「舛添前都知事は、安倍政権やかつての石原都政の下で日中・日韓関係の修復に努めた功績があるので、彼の不祥事による辞任で日本と中国・韓国との外交関係に暗い影を落とすのは必至。」だけではなく、「舛添は日本では悪者扱いされるが、中国や韓国では英雄。何故なら、アベ政治やかつての石原都政の後始末していて、彼等からの尻拭いをさせされていた。右傾化しててしまった自民党系政治家の親中親韓の穏健保守派で良識派。」との形で評価されてしまう恐れも高い。

 また、舛添都知事は辞任までに於ける流れや事情を話さなかったり、自民公明両党の反対で第百条委員会が採決されなかったので、なおさら残念で悔しい。

 辞任までの舛添都知事が暴れ狂っている程の否定している対応を見ていると、何れかはかつて彼自身が在籍していた自民党や役所、官僚組織、マスコミ等を徹底的に批判する形でその暗部を暴露するのは間違い無かろう。何故なら、彼は気が短くプライドが高く、叩き上げで苦労を重ねて来て、反骨精神が非常に強いからだ。そうなってしまえば、舛添が「自民党や右翼や保守勢力、既得権益集団にに虐められた悲劇の論客でありかつ英雄でもある。」として、リベラル及び左翼勢力から崇められてしまう恐れもあるだろう。
 
 要するに、舛添都知事は日本を始め、欧米諸国で起こってしまっている「政治スタンスの極度の左右二極分断化」と言う恐ろしい流動に立ち向かい、その波に呑まれてしまった男であったと私には感じてしまう・・・。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

リンク