• Photo
  • 2017_2
  • 2017
  • Dsc_0004
  • Dsc_0003
  • Dsc_0046_1505013025303
  • Dsc_0045_1505013006165
  • Dsc_0044_1505013028094
  • Dsc_0030_1505013013943
  • Dsc_0028_1505013007786

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月11日 (土)

教育勅語について思う事・・・

 森友学園による系列の小学校の設立時における不祥事で、会長職を辞任した籠池氏が経営している幼稚園の園児に対する暗唱や大日本帝国時代の教育基本方針の賛美を主張した稲田防衛大臣が、野党から厳しい批判を浴びたり、菅官房長官が彼女を擁護したと言う出来事のためなのか、ここ最近教育勅語が自分自身の心の中で気になって行った。

 「教育勅語」とは、大日本帝国憲法の成立と施行が終わった直後の1890年に制定された、当時の学校教育の基本方針で、これらに関する政治の基本理念となっていた。全体的には12個の項目なら成り立っている。
 終戦直後になると、現在の日本国憲法が制定された事によって、それ自体が廃止されたのである。
 
 しかし、ここ最近の世界中の右傾化の流れによる影響下で、グローバリゼーションが批判のやり玉にあがり、世界的なリベラル勢力の衰退や排外的かつ内向的な民族主義の増長などの影響によって、日本会議などを中心とした保守勢力が「教育勅語を見直して、日本らしさを強く主張して行こう。教育現場において。」の主張を強めて行く様になって行った。
 
 私も、この教育勅語については「当時の天皇と大日本帝国政府による、教育関連の勅令」である事しか解らなかったので、HP等で閲覧する事とした。
 この事から、第12項目については「国に危機が迫ったなら国のため力を尽くし、それにより永遠の皇国を支えましょう」なので、「私たち国民は国家のために尽力ないし奉仕し、それによって国家を支えよう」と言う、滅私奉公の基本理念である。
 
これらは学校生活に関する事だけではなく、むしろ生涯生活における基本的道徳の理念でもあると言う事が解った。
 特にこれが、教育勅語肯定派視点から見れば「地域社会への貢献と奉仕の義務とそして地域社会に対する愛への涵養と愛育促進。」であるとし、教育勅語否定派視点から見ると「国家主義に基づいた愛国心教育の強要と押し付けの基本的理念。」であるとしているのであろうと、私には想像が付く。

 何故、この事が問題になってしまったのは、日本の護憲勢力やリベラル勢力、更には中国や韓国などの近隣諸国を中心とした海外からも「この『教育勅語』によって、当時の大日本帝国の軍国主義を増長させてしまい、取り返しの付かない戦争へと追いやってしまった。」や「『教育勅語』を復活させる事で、現在の『基本的人権の尊重や自由主義や民主主義』に基づいた、日本国憲法を抹殺してしまう。」、「子供たちへの教育が強制と言う形になってしまう。国民や子供主体から、国家主体となってしまうから絶対にダメだ。」との批判や懸念の言動が頻発しているからである。
 以上の事から、それに対する批判勢力が特に標的にしている項目が、「滅私奉公と当時の皇国第一主義」を強く主張している、教育勅語第12項目なのである。

 この様な事から、私には「教育勅語には、良い所と今の時代の政治に合わない問題点も双方多々ある。しかし、安易に否定されたり肯定されてしまうと、様々な問題が起こったり、古今東西関係なく日本の社会や日本人の精神構造に対して様々な混乱が起こってしまう。『温故知新』の精神で以てして、現代社会の自由民主主義の政治環境と上手く融合させ、かつ近隣諸国を中心とした世界各地に誤解と不快を与えない様な形にして行かないと駄目だ。そうでないと、昔から根付いている『教育勅語』の古き佳き精神や道徳も、現代の『基本的人権の尊重や思想や表現と言論の自由、主権在民、平和主義に基づいた防衛外交方針に基づいた日本国憲法』の精神も共倒れになってしまう。こういう事にはなってはいけない。あってはならない。」や「この様な論争や混乱が収まって欲しい。国民と政府が協力し合う形で何とかならないのか。」と、思えてくるのだ・・・。
 
 
 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

リンク