• Photo
  • 2017_2
  • 2017
  • Dsc_0004
  • Dsc_0003
  • Dsc_0046_1505013025303
  • Dsc_0045_1505013006165
  • Dsc_0044_1505013028094
  • Dsc_0030_1505013013943
  • Dsc_0028_1505013007786

« 世界自閉症啓発デー2017 | トップページ | バニラエアでの車椅子騒動について思う事・・・・ »

2017年4月12日 (水)

「きく」と言う事について・・・

 今日の朝活の講演内容が、キャリアカウンセラー及び心理カウンセラーである外山正明先生による、「心の声を聴く~傾聴の意味と技法~」でしたので、久し振りに早朝起床をしたと共に、それへと参加しました。

 主な話の内容は「きく」と言う事で、私たちが一般に知られているのが「聞く(hear)」と「聴く(listen)」した。

 私の場合は、鍼灸マッサージを取り扱っているセラピストとしての仕事や障碍福祉を中心とした関係のボランティア活動へ長きにわたって携わっているので、医療と福祉に関する技術や知識、経験が大事だが、人を相手にするが故に円滑で温かいコミュニケーション能力も必要不可欠なのです。
 会話は決して得意ではないのにも拘らず、非常に悩ましい所なのだが・・・・。
 だから、この様な問題解決をしながら、如何にしてコミュニケーション能力を高めたり進化と変化をして行かねばならないと思い、長年の間にわたって試行錯誤を繰り返して行ったのです。

 こうして「聞き上手」にならなければならないと、自分自身で悟りました。
 
 今回の外山先生の講演に参加して『きく』という意味には、『聞く』と『聴く』だけではなく、尋問と言う意味での『訊く(ask)』がある。これらが上手く活用される事により、最終的には自分と相手の心が分かち合えて機能すると言う形で『効く・利く(act 、work)』と言う意味ある。」と言う事を改めて悟る事ができました。
 鍼灸マッサージの施術時に於ける診断要綱の基本論理が「望(望診及び視診)・問(問診)・聞(聴診)・切(触診)」である事から、この基本論理を更に理解進化しつつ、以上の様な「きく」と言う事によって、クライアント側の本心に興味や好意を持ち、上から目線でかつ自分自身の経験や論理に基づいた知識の過剰な押し付けやひけらかしをしてはいけないのです。
 これでは却って、患者様側がドン引きするばかりか、我々よりも患者様側の方が危機意識や健康医学的な知識が高い場合が多いが故に起こる相互間の不信感や不快感を持たれてしまう恐れがあるからなのです。

 だから、この様な深層心理をゆっくり焦らず根気良く丁寧に汲み取って行かないといけないし、技術の向上や改善だけではなく意識も継続も重要だからです。
この事が「慣れ」と「熟練と言う意味での『熟れ』」への早道であり、正しく美しい形成への経路なのです。

 今日の外山先生の講演による朝活に参加した事によって、この事を仕事だけではなく、日常生活へも応用して行かねばならないし、この事を感謝しなければなりません

« 世界自閉症啓発デー2017 | トップページ | バニラエアでの車椅子騒動について思う事・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536730/65140096

この記事へのトラックバック一覧です: 「きく」と言う事について・・・:

« 世界自閉症啓発デー2017 | トップページ | バニラエアでの車椅子騒動について思う事・・・・ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

リンク