• Dsc_0271
  • Dsc_0272
  • Dsc_0275
  • Dsc_0277
  • Dsc_0008
  • Dsc_0021
  • Dsc_0023
  • Dsc_0023_20200317232201
  • Dsc_0024
  • Dsc_0024_2

« 出初式 | トップページ | 2018年北陸大豪雪 »

2018年1月24日 (水)

平昌オリンピック開催について思う事・・・

 ここ最近、テレビやラジオ等のマスコミは、相撲や芸能界等のスキャンダルや北朝鮮や韓国の問題ばかりが報道されている。
 そんな中での大きな話題が「平昌オリンピック開催」である。
 ここ近年のオリンピック開催と比べて、非常に特徴的なのが「南北朝鮮統一チームの結成」と「北朝鮮美女軍団の来韓」。そして「オリンピック期間中は米韓両軍による合同訓練の中止」と言う点である。

 昨年までは、北朝鮮による核開発やミサイル発射実験問題で、米朝両国の一即触発状態であったため、「参加予定国のボイコットが続発や深刻な観戦チケットの売れ残り等で、史上最悪最低のオリンピック大会になるのでは!」との懸念が強かった。
 しかし、今年に入ってからは、オリンピック開催に合わせる形で、日米韓と北朝鮮との間にはミサイルや核と拉致を巡って激しい対立(特に日米は圧力重視)を残したまま、オリンピック期間中の米韓両軍の合同訓練の中止と韓国の文大統領の意向による南北問題の対話と圧力戦略が功を奏し、事実上の休戦となった。こうして、南北朝鮮統一チーム結成へと至ったのである。
 安倍首相は「慰安婦問題に関する日韓合意を韓国が違反した。」との理由で、開会式の参加取り止めを決めた。しかし、自民党の親韓派及び公明党からの要請や同盟国のアメリカのペンス副大統領や他の同盟諸国の首脳が次々と参加するとの表明を決めた事から、最終的には彼も平昌オリンピックへの参加を表明せざるを得なくなってしまった。
 彼や日本会議を中心とした多くの自民党等の右派の人達は、ポツダム宣言や現日本国憲法を否定。「旧大日本帝国軍を中心とした当時の政財界による植民地支配当時の反人道行為は無かったし、当時の大東亜戦争を『日本の国土と名誉を守るための戦争』である。」と、主張している。
 同盟国のアメリカの立場に取って見れば「日本が第二次世界大戦以前の当時の朝鮮半島の女性に対する従軍慰安婦による反社会的行為を否定すると、韓国や中国のみならず、世界中から批判を浴びてしまう。こうなってしまえば、北朝鮮の悪行を勢い付かせてしまう。更には、日米韓の強固な軍事的同盟に隙間風を与えてしまう。いや、それどころか中国やロシアの影響拡大と言う忌まわしき事態を招いてしまう。」との警戒感があるのでしょう。
 だから、アメリカが日本の安倍政権に対して、厳しくかつ温かい諫言で以てして、平昌オリンピック開会式への参加と韓国の文大統領との直接対話を要求したのだと思われる。

 また韓国国内では、今回のオリンピック開催と南北統一チームの結成についての評判が非常に悪く、健闘していた文大統領の支持率が低下。保守勢力を中心に「このオリンピックは、平昌オリンピックではなく、平壌オリンピックだ。北朝鮮に対して気を使い過ぎだし、文と金のエゴでしかない。」「選手達の意向を無視してまで、政治利用されては困る!。」との標語による、反北朝鮮デモ運動が頻発。北朝鮮国旗と南北統一旗、金正恩の肖像画が焼かれる事態となり、韓国政府を悩ましている・・・。
 
 このような事から、今回のオリンピックは「南北に分断された朝鮮半島の国家間の友好融和」との目的での開催ではあるものの、「韓国と北朝鮮との本格的かつ現実的な融合の難しさ」や「東西冷戦時代の緊張が未だに続く、東アジア諸国間の共存共栄の試金石」と言う、厳しい条件下での開催であると感じている。

 私としては「未だに南北に分断されている、朝鮮半島国家の国民同士が平和的に仲良く融合してくれる事に関して嬉しい事には越したことは無い。しかし、政治の力だけでは限界もあるし、また上からの統一も困る。南北朝鮮の国民が草の根で、しかも土から芽吹く形で優しく力強く、そして仲良くして行く形での南北統一が望ましい。」と思って止まない・・・。
 

« 出初式 | トップページ | 2018年北陸大豪雪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平昌オリンピック開催について思う事・・・:

« 出初式 | トップページ | 2018年北陸大豪雪 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ

リンク